市庁舎(シティホール)周辺情報:アムステルダム

アムステルダムの市庁舎周辺情報

アムステルダムの市庁舎(シティホール)周辺は、とても興味深い歴史やモニュメントなどで溢れており、近くのレンブラント広場などで飲食もできることからオススメの場所です。市庁舎の目の前にはアムステル川が流れており、素敵な景色を見渡すことができます。

市庁舎

ストペラと呼ばれているアムステルダムの市庁舎。シティホール(Stadhuis)という言葉とオペラ(Opera)がくっついてストペラと呼ばれております。言葉の通り、オペラホールが市庁舎と合体しております。夜のオペラ会場のライトアップはとても美しく、もちろんオンラインでオペラやバレーの鑑賞することもできます。

またこの周辺は美しいアムステル川に囲まれており、右の写真のような「ハネ橋」がかかっていることが伺えます。観光スポットとしても有名な「マヘレのハネ橋」もあり、ライトアップがとても美しい場所です。ゴッホが描いた「アルルのハネ橋」を想起させます。

Google Map:アムステルダム市庁舎

 

アムステルダム,オランダ,観光,ツアー,情報,市庁舎,レンブラント広場,ツアー

アムステルダム,オランダ,観光,ツアー,情報,市庁舎,レンブラント広場,ツアー

 

ユダヤの歴史

この周辺はユダヤ人の方々の居住区となっており、その象徴のように佇んでいるのがポルトガルからのユダヤ人移民の家庭に育った、合理主義哲学者スピノザ(Baruch De Spinoza)の像。どうのようにこの社会を新しく作り変えていくべきか、どのように政治と宗教を乖離させるか、そしてどのように自由、平等をこの社会にもたらすか、といったことを考えた自由な思想の持ち主、それも当時ではかなり過激な自由思想の持ち主であったとのことです。

ユダヤ人たちは16世紀以降、スペインやポルトガル、ロシア等周辺地域から移住をしてきて、この市庁舎周辺一帯に住み始めました。ここにある大きなローカルマーケット(蚤の市)はユダヤ人たちが始めたのが最初でした(彼ら/彼女ら以外にも、色々な人種の人々がオランダに移住してきたとのことで、まさにアムステルダムのイメージと一致する部分が僕にはありました。)。今ではアムステルダムでも最大級のローカルマーケットとなっております。

アムステルダム,オランダ,観光,ツアー,情報,市庁舎,レンブラント広場,ツアー アムステルダム,オランダ,観光,ツアー,情報,市庁舎,レンブラント広場,ツアー

 

下の写真はナチスに捕まってしまったユダヤ人少年の名前が刻まれたもの。こういったものはこの周辺地域でよく見かけます。オランダでは、合計で10万人以上のユダヤ人が殺害されたとの資料があります。辛い歴史を実感することができるのがこのエリアの特徴。

アムステルダム,オランダ,観光,ツアー,情報,市庁舎,レンブラント広場,ツアー

 

ナチスドイツはこの周辺に住んでいるユダヤ人たちを拘束していきました。このハネ橋は全て開けられ、ユダヤ人たちをこの地域に閉じ込めたとのことです。ドイツ軍がオランダに進行しわずか1週間でオランダ全土がドイツ占領地と化しました。ただただ美しいだけでなく、歴史あるハネ橋でもあります。この近くにはユダヤ歴史博物館など、この周辺地帯の歴史にまつわる博物館など多く点在していますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

今日は悲しく憂鬱なニュースばかりです。たくさんのユダヤ人のお友達が、いっぺんに十人、十五人と検束されています。この人たちは、ナチス秘密警察からこれっぽっちの人間らしい扱いも受けず、家畜車に詰めこまれて、ドレンテにあるオランダ最大のユダヤ人収容所、ヴェステルボルクへ送られてゆきます。(一部省略)わたしは恐怖に打ちのめされています。(p. 98-99, 2014, アンネの日記 増補新訂版, アンネ・フランク, 深町眞理子 訳)

合わせて読んで頂きたいアンネフランクについての記事は以下になっております。

アンネ・フランクの人生とアンネの日記 / アンネ・フランクの家:アムステルダム

 

<レンブラントの家>

開館時間:10:00~18:00、1月1日: 11:00~18:00(休館日:王の日、12月25日)

料金:12.50EURO

ウェブサイト:レンブラントの家 

Google Mapレンブラントの家

 <ユダヤ歴史博物館>

開館時間:11:00~17:00 / 1月1日:12:00~17:00 / 12月5、24、25、31日:11:00~16:00

(休館日:王の日、9月25、26日、 10月4日)

料金:12EURO

ウェブサイト:ユダヤ歴史博物館 

Google Map:ユダヤ歴史博物館

 

レンブラント広場(Rembrantplein)

レンブラント広場も市庁舎周辺の観光スポットとしてぜひ一度は足を運んでおきたいところです。中央にレンブラントの像があり、その周辺をバー、カフェ、クラブ、喫茶店、コーヒーショップ、レストランが所狭しと並んでおります。朝方まで人で溢れている、アムステルダム市内屈指の遊び場の一つ。多くの若者をはじめ、世代関係なくみんなが楽しく夜を過ごす場所です。

ちなみにこのレンブラントの像は、国立美術館に展示されている「夜警」がモチーフとなっている像になっております。国立美術館で本物の「夜警」もぜひご覧になってください!

Google Map:レンブラント広場

 

アムステルダム,オランダ,観光,ツアー,情報,市庁舎,レンブラント広場,ツアー

アムステルダム,オランダ,観光,ツアー,情報,市庁舎,レンブラント広場,ツアー

アムステルダム,オランダ,観光,ツアー,情報,市庁舎,レンブラント広場,ツアー

その他、アムステルダム中心部の情報に関しては以下のページをご覧ください。

ダム広場周辺情報

ミュージアム広場周辺情報

ヨルダン地区周辺情報

ツアー情報

ハッピーツアー オランダ&ベルギーでは、上記の場所を含んだツアープランを数多くご提供させて頂いております。ぜひ以下のページからご覧くださいませ(空港お迎えプランなどのご用意もございます)。

アムステルダム発 ツアープラン一覧

ブリュッセル発 ツアープラン一覧

オランダ&ベルギー オリジナルプラン作成サービス

 

以上、アムステルダムの市庁舎周辺情報でした 🙂 🙂 🙂

 

 

Written by 

5 thoughts on “市庁舎(シティホール)周辺情報:アムステルダム”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です