ダム広場周辺の観光情報:アムステルダム

アムステルダム中心広場であるダム広場(Dam Square)アムステルダム中央駅からダムラック通りを下ると、徒歩約10分で到着します。ここではダム広場の概要説明、おすすめスポットなどを紹介させて頂きます。こちらの記事はHappy Tour -Netherlands & Belgium のお届けする情報になっております。

現在のダム広場

ダム広場は、王宮、新教会、バイエンコルフデパート、マダム・タッソー館、お土産屋さんなどが並んでいて、広場の東側には第二次世界大戦の戦没者慰霊碑が立っております。ここに来ずしてアムステルダムに来たとは言えません。街の中心ですのでぜひ一度は訪れていただきたい所で、週末にはイベント、観光シーズンには特設遊園地が設置されたりもします。

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

 

街の中心であることから、その他の観光スポットへと徒歩やトラムですぐにたどり着けるので便利なところでもあります。例えば、最も旬なショッピングエリアであるナインストラーチェス、西教会やアンネフランクの家があるヨルダン地区、合法的に売春がなされる飾り窓や旧教会、さらにアムステルダムのシティホール(市役所)やレンブラント広場などが徒歩圏内になっております。


 

ダム広場周辺のおすすめスポット

①王宮と新教会

王宮は、17世紀(1648年)に市庁舎として建てられた建物。貿易が栄えていた街の富と力の象徴です。オランダにとって17世紀は世界各地への海運貿易により経済発展した黄金時代(Golden Age)と呼ばれています。不定期ですが館内に入館することも可能ですのでぜひご確認ください。また、王宮の隣にあるのは15世紀初めに建設されたプロテスタントの教会、後期ゴシック様式の新教会。現在は主に展覧会やコンサートなどのイベントが催されております。ゴシック建築らしく高い天井が特徴です。

その他、アムステルダム博物館、べギン会修道院などもこの近辺にありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

王宮

開館時間:11:00~17:00(開館日は不定期なので下記ウェブサイトでご確認ください)

料金:10EURO

URL: 王宮公式ページ

新教会

開館時間:10:00~17:00(休館日は不定期)

料金:イベント企画によります

URL: 新教会公式ページ

アムステルダム博物館

開館時間:10:00~17:00、12/5,24,31: 10:00~16:00(休館日:王の日、12/25)

料金:11EURO

URL: アムステルダム博物館公式ページ

 

②飾り窓と旧教会

飾り窓(Red Light District)や旧教会はこのダム広場から徒歩5分程度。少し刺激的なイメージもございますが、オランダ、アムステルダムならではの雰囲気が広がっているエリアでもありますので、一度は訪れておきたい場所だと思います。詳しくは以下の記事をご覧ください。

オランダ アムステルダムの飾り窓とコーヒーショップ情報

旧教会の場所:Google Map(飾り窓エリアは旧教会の周辺です)

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

③アンネ・フランクの家

アンネ・フランクの家はこのダム広場から徒歩で10分程度。オランダ、アムステルダムに来たからには、一度はアンネとその家族たちが隠れていた場所に行っておくべきだと思います。トラムに乗っても行くことは可能ですが、私個人的には徒歩をオススメします。ダム広場からほんの10分程度ですし、美しい運河や町並みを見ながら向かうことができます。

アンネ・フランクの家のチケット情報、また入館前に知っておきたい「アンネの日記」情報は以下の記事をご覧ください。

アンネ・フランクの家 観光情報&チケット予約:アムステルダム

アンネ・フランクの人生とアンネの日記 / アンネ・フランクの家:アムステルダム

アンネ・フランクの家 公式ページ

アンネ・フランクの家の場所:Google Map

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

 

④運河沿いを散歩

ダム広場を中心に世界遺産の運河が流れているのがこのアムステルダムの特徴。ダム広場から少し歩くだけで、美しい運河を見ることができます。アムステルダムの運河や建築のお話は以下の記事に書かせて頂きました。

オランダ アムステルダム①:旅行前に知っておきたいマメ知識

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

 

⑤お土産購入

このエリア周辺には、お土産屋さんが数多く並んでおります。オランダらしいチューリップの置き物やデルフト工芸品、T-シャツ、パーカー、また美味しいチーズにクッキーやチョコレートなどなど、なんでも揃うスポットです。アムステルダムにあるチーズ屋さんは様々な試食を楽しむことができ、名物の一つでもあります。お土産購入に迷った時は一度ダム広場に足を運んでみてください。

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

 

⑥バイエン・コルフデパートのイルミネーション

冬場は美しいライトアップを見ることができます。美しいの一言です。中には高級ブランド品をはじめとしたお店が並んでおり、最上階にはフードコートもあります。お土産にブランド品を買いたい時などに便利で、また無料でトイレが使える数少ない場所でもあります。

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

 

⑦コート、T-シャツなどを安く手に入れたい時

オランダは、天候が不安定で、気温も日によってまちまちであることが多いです。特に冬場は雨が多く、予想以上の寒さに驚かれる方も多いです。そんな時はダム広場へ足を運んでみてください。ブランド品、比較的安価で買えるファッションブランドなど様々なお店が立ち並んでおります。中でも Nieuwendijk 通りやKalverstraatがショッピング通りになっております。


 

ダム広場の歴史

13世紀頃にアムステル川をせき止めるための「ダム」がこのダム広場に作られたことが、アムステルダムという名前の由来となっております。オランダの歴史及び現在を調べてみると、水(海)と人間がいかにして戦ってきたかを見ることができ、このダム広場はその象徴的な位置づけとも言えるでしょう。かつては北からやってきた人々が作った漁村でした。

そんな中、オランダのローカルフード「ニシンの塩漬け」はまさにオランダの歴史の象徴とも言えるでしょう。13世紀当時から現在まで残っている伝統的な食べ物で、オランダの経済発展にも大きな影響を与えてきました。今でも街のいたるところで売られてるので食べ歩きするのも良いかと思います。

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

 

ダム広場から少し歩くと、扇状に広がる運河の一番内側に位置するSingel(シンゲル)という運河にたどり着きます。このシンゲルはかつて、アムステルダムの街の「お堀」の役割を果たしていて敵からの侵入を防ぐ機能をしておりました。その後、街の発展とともに2番目の運河であるHerengracht(ヘーレン運河)、3番目の運河であるKeizersgracht(カイゼルス運河)などが作られていきました。

ダム広場,王宮,新教会,アムステルダム,オランダ,飾り窓,アンネフランク,観光,ツアー,日本語

また、この運河には面白い事実もございます。以前クイズの動画を撮影したので、ご興味のある方はぜひ以下の動画をご覧ください。答えは、以下のお問い合わせからお求めください。*ちなみにこの動画に写っている男がHappy Tour -Netherlands & Belgium代表の西尾です。

 

以上、オランダ、アムステルダムのダム広場の情報でした。Happy Tour -Netherlands & Belgiumでは、オランダ、ベルギーにて様々な現地ツアーを行っております。ぜひ以下からツアーなどご覧頂けたら幸いです。


 

オランダ&ベルギー ツアー情報

オランダとベルギーの周遊ツアーやホーム画面には載っていない内容を回りたい場合などは、以下のオリジナルプラン作成からお問い合わせください。

オランダ&ベルギー オリジナルツアープラン

その他、ブリュッセル発、アムステルダム発のツアープランを数多く揃えておりますので、以下からご覧ください。気軽なお問い合わせもお待ちしております。

ブリュッセル発ツアープラン一覧

アムステルダム発ツアープラン一覧

以上、何かご質問やご要望、ツアーのご希望などございましたら、以下のお問い合わせからご連絡ください。宜しくお願い致します。

Written by 

3 thoughts on “ダム広場周辺の観光情報:アムステルダム”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です